So-net無料ブログ作成

「ロストロボーヴィチ 人生の祭典」 [テレビ・映画]

きのう、映画「ロストロボーヴィチ 人生の祭典」を見ました。

【チラシ表】

【チラシ裏】

【パンフレット表紙】

正直なところ、あまりお勧めの映画ではありません。
とにかく眠気と闘うのに必死でしたが、ときどき意識が遠のきました。

映画は主に以下の要素で成り立ってます。
▼ロストロ夫妻の「金婚式祝賀パーティー」
 (モスクワのメトロポール・ホテルにて)
▼ロストロ氏本人および夫人のインタビュー
▼夫妻の昔の活動の映像(舞台や映画など含む)
▼ロストロ氏と小澤/VPOのリハーサル&本番
 (ペンデレツキ氏の新作を演奏/作曲者も臨席)

本当は演奏の部分をたくさん見たい感じでしたが、音楽として聞くような編集の仕方ではありませんでした。
小澤征爾も棒を振っている以外はほとんど見どころなし。

ロストロ氏および夫人インタビューは、ソクーロフ監督(ロシア人)自身が聞き手ですが、我々が興味を持つような質問があまりありません。

しつこく質問していたのは、ショスタコーヴィチおよびプロコフィエフとの関係。
ロシア人にとってはそれが一番興味あるということなのでしょうし、まったく無意味とは思いませんが、ちょっとこだわり過ぎ。

ソルジェニーツィン氏との関係や、アメリカへの亡命とそこでの生活や活動などの話ほとんど出てきませんでした。

氏は相当な日本びいきで、よく来日し、子どもとの交流を含め、いろいろな活動をしていたはずですが、そのあたりの紹介ももちろんなし。
ただ、自宅に日本人形が飾ってあったのは、結構印象的でした。

夫人についてはほとんど知識がなかったので、その部分だけは勉強にはなりましたが…。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 4

のすけの母

こんばんは。
仰るように、もっともっと演奏の場面があるものと思って出かけましたので、そういう点では物足りなく思っています。
語りが多く、確かに時間がたつのは遅かったですね。
それでも、ロストロポーヴィチの人柄がにじみ出ていたり、夫人の話など、おもしろいところもありました。
でも、1回みれば十分でしょうか……。
by のすけの母 (2007-05-30 21:32) 

Lionbass

のすけの母さま
ありがとうございます。
私はやはり、小沢征爾氏の話や、アメリカ亡命に関するエピソードを聞きたいと思いました。
それ以上に、演奏についての話を聞きたかったのですが…。
by Lionbass (2007-05-30 23:30) 

青沢東(QMY)

そうか…あまりお勧めでもないし、音楽もさほど聞かせるわけでもない とすると、私はどうしたらいいんでしょうか(笑)?
by 青沢東(QMY) (2007-05-31 22:38) 

Lionbass

青沢東さま
要するに「見ないほうがいい」ということです。(苦笑)
「ロッキー・ザ・ファイナル」とか「ブラッド・ダイアモンド」とか、「まだ見ていない映画が多いのに…」と思いました。
by Lionbass (2007-06-01 07:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。