So-net無料ブログ作成

HIYAMAノート誕生秘話(1) [音楽・楽器]

去年、コントラバス教則本「HIYAMAノート」について書き始めた↓のですが、続きを書いていなかったので、改めて紹介しようと思います。
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-08-04

私は、ドレミ楽譜出版社から今から6年前に出版されたコントラバスの教則本「ダブルベース[HIYAMAノート]  シマンドル習得のために」の編集・出版に関わりました。

ダブルベース[HIYAMAノート] シマンドル習得のために

ダブルベース[HIYAMAノート] シマンドル習得のために

  • 作者: 檜山薫, 檜山ノート出版委員会
  • 出版社/メーカー: ドレミ楽譜出版社
  • 発売日: 2001/11/02
  • メディア: 楽譜

http://www.yamamoto-bass.com/goods/hiyama/hiyama.html

この教則本は、元NHK交響楽団首席コントラバス奏者、元武蔵野音楽大学教授の檜山薫先生が、学生の指導のためにお書きになった手書きの楽譜、通称「ノート」を基に、弟子たちがまとめたものです。

私は大学時代、檜山先生に師事し、東京・渋谷にあるお宅に毎週通っていました。
もちろん、この「ノート」を使ってレッスンを受けていました。

この「ノート」を出版しようとの話が出てから、出版交渉や編集には、私を含め多くの人間が携わりました。

文章や楽譜の入力・編集にあたっては、東京、宝塚、それに徳島にいる「檜山ノート出版委員会」のメンバーたちが、作業しました。

出版にこぎ着けるのはインターネットがなければ不可能だったのではないかと思っています。

記録の意味も含め、次回以降、出版までの経緯やエピソードを紹介して行きたいと思います。

(つづく)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。